読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮面の下の涙を拭え

ツイッターで書ききれない事・整理のための場所です.

最近読んだアメコミ:MARVEL編

引っ越してから結構読んでるけど、記録に残してなかったので。

アメコミは有名なクロスオーバーだと前提知識がないため、話が分りづらい。なので、単巻モノが今のところ好き。グリーンアローイヤーワンとか。

ただ、この間読んだフラッシュポイントとかクロスオーバーものでも面白いと思ったものはある。

 

アイアンマン・エクストリミス

アイアンマン:エクストリミス (MARVEL)

アイアンマン:エクストリミス (MARVEL)

 

内容からアイアンマン3の元ネタと思われる一冊。絵は渋め、ストーリーはシリアスと映画とは違った雰囲気。アイアンマン3も12と比べれば比較的暗めなストーリーだがその比じゃない。割と真面目な社長が見れたのは貴重だが、映画版シヴィルウォーでメンタルポイントがマッハで削られている最中。そろそろアホな社長が見たいです。

スパイダーマンホームカミングで何やら出てきそうなので期待。

 

マイティ・ソーアスガルドの伝説

マイティ・ソー:アスガルドの伝説 (ShoPro Books)

マイティ・ソー:アスガルドの伝説 (ShoPro Books)

 

 

古き良きアメコミを思わせる作風。まぁ、昔の作品の彩色を変えただけなんですけどね。ナレーションのおかげで異常なほどテンポがよく、1話が5ページで終わる。結構分量があるのでちまちま読んでいくのがおすすめ。

 

スパイダーマン:ウィズ・グレート・パワー

スパイダーマン:ウィズ・グレート・パワー (MARVEL)

スパイダーマン:ウィズ・グレート・パワー (MARVEL)

 

 等身大の若者のヒューマンドラマとして楽しめる作品。いきなりスーパーパワーを手に入れたら私利私欲のため、がっつり悪用したくなるのもわかる。NEW52のシャザム!でもビリーがやりたい放題やってたね。とはいっても因果応報的な展開も待ち受けている。スパイディに対するライターの扱いがドSだが、スパイダーマンではよくあること。ファンタスティックフォーのシングとのやり取りが哀しい。

なお、本作は全くのオリジナルというわけでなく、スパイダーマン初登場作のリメイクという点も面白い。サムライミ版でもプロレスラーと試合していたのもこのオマージュなのかな?

 

 シビル・ウォー

シビル・ウォー【限定生産・普及版】 (MARVEL)

シビル・ウォー【限定生産・普及版】 (MARVEL)

 

 アメコミでは当たり前らしいが、同時連載されていたタイイン(その頃○○は何をしてていたか?を語る連載。スピンオフ、外伝みたいなものらしい)を読んでないと全く話がわからない。ジャンプの中のブリーチだけを読めばいいのでなく、ワンピースやナルトも読まないと話の全容がわからないのはアメコミの悪い点だと思う。とはいえそのタイインは大量に邦訳されているので、じっくり読んでからまた読み直してみるかな。

 

 スパイダーバース

スパイダーバース (MARVEL)

スパイダーバース (MARVEL)

 

 

村田先生の表紙がクッソ格好いいスパイダーバース。平行世界をまたにかけたスパイダーマン専門吸血鬼一族とスパイダーマン軍団の死闘を描く。東映スパイダーマンも参戦するが、余り出番はなく残念。相当おいしい活躍はしてるんだけどね。まぁ、ソードビッカー決まったら話おわっちゃうし、仕方がないね。

あとスパイダーグウェンが大変かわいらしい。スピンオフでねーかな。コトブキヤのフィギュアも誇らしくないの?

 

 

 

読了済

ニューアベンジャーズ:ブレイクアウト

ニューアベンジャーズ:セントリー

アベンジャーズ ハウス・オブ・M

スパイダーマン:ワン・モア・デイ

ブラックパンサー:暁の黒豹