仮面の下の涙を拭え

ツイッターで書ききれない事・整理のための場所です.

最近プレイしたゲーム

最近やったゲームについての感想。と言っても二作しかないが。

 

カオスチャイルド:87点

あらすじ

2015年、渋谷。6年前に起きた大災害、渋谷地震から復興された街に新設された私立高校『碧朋学園』に通う青年宮代拓留は、自身が設立した新聞部の活動の一環として『ニュージェネレーションの狂気の再来』と称される連続殺人事件を追っていた。情報強者を自称する拓留は持ち前の好奇心と行動力、そして周囲の手助けや偶然もあり、とうとう事件の第一発見者となる事が叶う。真相の究明をする事で自身の有能さを知らしめる事ができると考えた拓留は、義理の姉を自称する来栖乃々の制止も聞かず、幼なじみの尾上世莉架や親友の伊藤真二と共に動く事となる。 やがてそれは、渋谷に生きる全ての人々を巻き込む狂気となって拓留に襲い掛かり、拓留もまた、自身の過去と向き合う事となって行く。

以上,wikiより抜粋。

 

感想

 よくできているシナリオだけど、ところどころ放置したままの伏線(というより本編で解決・明かすべき内容)が多かったのはどうかと思った。後輩がなんでホテルにいて、被害者と何の話をしていたのか、一回目の病院で主人公が見かけた人物、また、スマホをどうやって真犯人が回収したのかがよくわからなかった。発売から結構立っているので回収されない気がする。空想科学アドベンチャーシリーズの最高傑作という人もいるらしいが、個人的にはシュタゲじゃないのとは思う。まぁ、アニメしか見てないんですが。なんというか、一昔前のギャルゲーに近い雰囲気を感じた。

カオスヘッドもやりたいけど主人公が気持ち悪すぎて挫折したんだよなぁ。大学一年の頃友達に押し付けられた記憶ががが。

 

幻想異聞録#FE:95点

あらすじ

舞台は現代の東京、華やかな芸能界。侵攻してくる異世界の敵と戦いながらも、ミラージュマスターの若者たちは「芸能界で輝く」夢を追いかけていく。

 

感想

メガテンとFEのコラボが発表されて大分たってからの発売。出来上がったものはペルソナ3,4に近い世界観とゲームシステムに仕上がっていた。シャドウがFE側の登場キャラクターになっただけともいえる。とは言ってもセッションやアドリブパフォーマンス、デュオアーツなど新しい試みは面白く、アトラス勢としても新鮮な気持ちでプレイできた。

コラボ作品と謳ってはいるが、むしろどちらも知らない人の方が楽しめると思われる。

FEはほとんど知らなかったけど、今作品で興味がわきました。

何気に音楽はavexが参加。道理でいい曲が出るわけだ。

欠点としては若干プレイしづらいwiiuという環境と、ロードの長さ。DL盤で改善されるとは言っても特典を考えたらみんなフォルテッシモ版買うんじゃない?

フォルテッシモ版が近所の家電屋でたまたま安く買えてよかった。

後、レベル上げをしなくてはいけない個所が結構あること。最悪積んでも難易度調整がある。とはいえ、一番の理由はロード時間が怠い。ゲハではないけど、wiiuでなくvita,ps系列で出ていれば評価が変わっただろう。FEの関係上、ニンテンドー系列でしか出せないのが惜しい。

今年のベストには間違いなく入る傑作。これ単体で綺麗に終わっているので、wiiu持っている人にはプレイしてほしい。